Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャケットジャクソンへCDジャケット、DVDジャケットの情報提供していただいているサイト

love the world(初回限定盤)(DVD付)




ジャケットもいいですが、ネタがないと
はじまらないですから・・・・


カートゥン☆ワールド~漫画の世界~
ネギま!のなにか
Syu's quiz homepage
なまけ亭
究極至高のコピペ+
面白爆笑画像 面白爆笑動画 お笑いネタの蛇屋(面白蛇屋)
ワラノート
WINZのYouTubeお勧め動画


リトルバスターズ!  クドリャフカクッションカバー


iPod touch脱獄活用
麻雀本を斬る!麻雀ゲームを斬る!!
ニヤリング・ニヤリスタ
面白サイト リンク集
テクニカルイラスト総合サイト★テクニカルイラストレーターの!!!★Topページ
関東周辺 子供と日帰り温泉だよ
恋愛相談マスターによる成功しかしない恋愛の秘密
伝書鳩
芸能人の噂と裏話
RobotBoyの落書き帳
全国各地の観光地動画&海外旅行とWebカメラ
ニヤリング・ニヤリスタ
にゃんとの生活
一進一退 [夢は自分の力で叶えるモノ。]
ネギま!のなにか
ワイルドベタの水槽 @ 熱帯魚 アクアリウム関連
疾風の騎士団
†…月姫…† 記録
マリオカートWii攻略 Wi-Fiプロフィール フレンドコード交換

リトルバスターズ!  クドリャフカクッションカバー

ゲーム動画極み
PC×PSP News Flash Note
ゲーム動画極み
ポケログ|面白画像動画記事
ワイルドベタの水槽 @ 熱帯魚 アクアリウム関連
カスタムスクーター -custom scooter- バイク.com
山田さんち


情報ありがとうございますっ!!!
皆様のおかげで毎日ネタに困りません!!!


リトルバスターズ! 懐中時計 「能美クドリャフカ」

ベア速
カオスちゃんねる
ニュー得ブログ
あんそく
【音楽PV動画王】
マイブランド
You Tube動画で綴る旅の思い出日記ロードスターで行く 旅の記録旅の思い出日記


泣かないで(DVD付)

めんたいこ.com ~無料オンラインゲーム紹介サイト~
みんなのネタ帳 Blog
[月]つきつき日記F
ココロのウタ@ぷにぷ日記 - livedoor Blog(ブログ)
★THE面白フラッシュ倉庫★~厳選FLASH~
フラッシュゲームな日々・・・ ~Flash Game Blog~
情報屋さん。
history of IBOC
沖縄写真壁紙館
あっちの生活 2nd Stage
Nagikei-Net(なぎけいネット)


ジャケット画像を検索に利用するサイト

ジャケット画像を検索する場合、まずジャンルを特定する必要があります。
それから、どの商品に絞り込んで、画像を取得するか。
取得した画像をどう評価するか、色々なサイトを巡ってレビューを見て、
考察を行い、文章を構成します。

500ピース 満開の三春滝桜 75-256300ピース 桜風の錦帯橋 73-153

自分のサイトのジャンルと被っているようであれば、リンクを生成してもらい、
お互いに上を目指す事もできます。

1人ではなにもできません。

いい画像といい文章のマッチングを考え、
サイト色を構成を構成していくと、
ランキング上位が見えてきます。


PSP究極活用
エンタメ喫茶館 Memo’s
I want to live like that
裏ゲームハウス
CQコミックスタジオ
つれづれ小ネタ探し日記
BLアニメ★腐女子道
エンタメ芸能・ニュースの最新流行情報

ニュー得ブログ
沖永良部島検索サイト~@えらぶ・ねっと~
Tagland [HTML&StyleSheet解説]
着物&茶道奮闘記もどき
◆青梅1kgからのわらしべ物語◆
気ままに絶チル!
Music Wave 音楽無料ダウンロードサイト
マイブランド
旅の思い出日記ロードスターで行く 旅の記録旅の思い出日記
ゲームのランキング屋

Google Chromeのインストール

Googleさんからブラウザが発表。

Official Google Blog: A fresh take on the browser

名前はGoogle Chromeだそうです。クローム?クロム? ま、黒目でいいやな。


google chromeのダウンロード場所を教えてください。 - Yahoo!知恵袋

9月2日午前11時から発表なので、時差が17時間だから、、、、28時・・・・9月3日の朝4時に発表、
ダウンロード可能でしょうね。

早朝は厳しいので、、、、9月3日の夜にでもインストールしてみましょう。


Google Mapがどれだけの速度を見せるのか、
Gmailがどこまで高速化できるのか、
Google広告はどう表示されるのか、


解析が楽しみですね。



Google Chrome - Download a new browser




Google Chrome


追記:

さて、インストール。

いきなりダウンロード始めましたが、プロキシ設定なにもしていないんですけど?
IEのプロキシ設定でダウンロードするのかな?


IEからお気に入りを自動インポート。


第一印象。

はぇぇ。なんだこりゃ?
レンダリングは普通かな?

オプションにDNSプリフェッチとあるけど、これが重要なんでしょう。
予め、IPアドレスを認識しておくことで、DNSサーバから逆引きする手順が削減でき、
速度向上しているのでしょう。

プロキシ設定を見ると、IEの設定画面が登場。
IEにプロキシ設定しておけば、そこを見に行くようですね。


***********************

オプション関連。

えーと、、、。無いに等しいです。

カスタマイズ後に増えていくのでしょう。ベータ版ですからね。


***********************

ページごとのプロセス管理
1ページクラッシュしても大丈夫らしいので確認。

タイトルバー/タスクバー右クリックで、タスクマネージャを起動。
ページごとに、メモリ使用率/CPU使用率/ネットワーク使用率が確認できます。

統計情報を確認することで、実メモリの使用バイト数、仮想メモリの使用バイト数が確認できます。


Windowsのタスクマネージャーとあわせて確認すると、よくわかります。
本当にタブごとにchrome.exeのプロセスが立ち上がってきます。

また、親-子で画面を開いた場合は、別プロセスにはならず、親のプロセスに属する形に
なるようです。


***********************

シークレット モード

このウィンドウで開いたページはブラウザの履歴や検索履歴に記録されません。
このウィンドウを閉じると Cookie などの記録もパソコンに残りません。ダウンロードしたファイルやブックマークしたページは保存されます。

シークレット モードが他のユーザー、サーバー、ソフトウェアの動作に影響することはありません。ただし、次のような相手には注意してください。
・ユーザーの情報を収集、共有するウェブサイト
・ユーザーがアクセスしたページをトラッキングするインターネット サービス プロバイダや雇用主
・無料ダウンロードなどと一緒にインストールされ、キーストロークを記録するマルウェア
・見張りの秘密諜報員
・背後にいる人

背後にいる人・・・。

つまり、1セッション的な動きをしますよと。


***********************

ヘッダ情報を取得

User-Agent: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/525.13 (KHTML, like Gecko) Chrome/0.2.149.27 Safari/525.13
Accept: text/xml,application/xml,application/xhtml+xml,text/html;q=0.9,text/plain;q=0.8,image/png,*/*;q=0.5
Accept-Language: ja,en-US,en
Accept-Charset: Shift_JIS,*,utf-8
Accept-Encoding: gzip,deflate,bzip2

User-Agentは「Chrome」の文字列があるので、これで判断可能ですね。
Accept-Encodingに見慣れない文字「bzip2」。調べてみると、

・gzipより高い圧縮率
・gzipより処理速度は劣る

サーバ側のみ関係するので、調査はここまで


***********************

結論

色も含め、爽快なブラウザです。
特に起動が早い!!!
オプションもまだ少ないので、非常に分かりやすいです。

今後カスタム化された場合、Firefoxを超えるブラウザになることは間違いありません。
Googleのリソースを利用できるというバックボーンが強みでしょう。


しかし、、、アイコンが昔のメディアプレーヤっぽい気が。。。


不具合らしい不具合はありませんでしたが、
終了時にプロセスが落ちてなくて、なぜかHDDにI/Oしまくり。
パフォーマンス劣化で気づきましたが。。。




***********************

URL

ヘルプページ
http://www.google.com/support/chrome/?hl=ja



一部URLを抜粋

DNS プリフェッチ
http://www.google.com/support/chrome/bin/answer.py?answer=96788

タスク マネージャ
http://www.google.com/support/chrome/bin/answer.py?answer=95672

シークレット モード
http://www.google.com/support/chrome/bin/answer.py?answer=95464


インストールの場所
http://www.google.com/support/chrome/bin/answer.py?answer=95413&topic=14660

Windows XP の場合は \Documents and Settings\\Local Settings\Application Data\Google\Chrome\Application\
Windows Vista の場合は \Users\\AppData\Local\Google\Chrome\Application\ です。

Mac 版と Linux 版は開発中
http://www.google.com/support/chrome/bin/answer.py?answer=95411&topic=14660


SEO対策 自分で自分のサイトを客観的に判断

このサイト不足しているもの
・キーワード
・特定のジャンル
・文章量



1. キーワード

ジャケット画像にキーワードを絞ったはずなのに、短い文章を見返してみると、タイトルにしか含まれていません。
これでは複合条件で全くマッチしません。
文章校正する為に見直すのではなく、必ずキーワードを意識して文章を校正するようにしましょう。



2. 特定のジャンル

アニメ/ゲームに絞ったのですが、幅が広すぎて記事がバラバラです。
「このサイトに行けば、○○の情報が得られる」と見られるようなサイト構成へジャンルを絞るべきです。
記事/内容は、一度のインパクトより、継続性です。



3. 文章量

不足しすぎ。最低200文字は記載しないとインデックス対象としては、非常に弱くなります。
しかし、特定のキーワードだけでも上位に食い込む事は出来ます。
複合キーワードを予測し、完全一致するキーワードを記事内に盛り込むことで、
インデックス上位となります。



全体を通して。

バックリンクの重要性を理解。
相互リンクの有用性も理解。
極少数の管理者のサイトが、上位のランキングを占めていることを理解。
コピペ記事はインデックス対象外。早い者勝ち。
Pingの送りすぎはインデックス対象外。
Yahooブログ検索にどうやればインデックスされるんだ?



次のサイト作成に向けて、キーワードを検討しましょう。


サイトデザインを変更

サイトデザインを変更。
なぜか、左のサイドバー幅が伸びたり縮んだりするので。
しっかり幅固定にしているはずなんですけど、なにかが悪さをしていて、
幅固定にならないんですよね。

仕方ないので、
サイドバーを左から右へ移動し、
おすすめジャケットを追加して、
不要なものを色々削除。

おすすめジャケットは厳選したので、多種多様ですが見ていて楽しいですよ。
どうしても画像が小さくなってしまうので、構図がシンプルでインパクトの
強いものでなければ、いけませんねぇ。
売り上げランキングの高いものを並べてもいいのですが、
他のサイトさんに大抵掲載されていますので、飽きがきてしまいます。

思い切ってサイドバーの幅を500pxに広げるという手段もありますが、
メインがつまらなくなって・・・。



でも変更後、なんか落ち着きません。

なれるかな?



追記:

慣れないので、元通りに。視点移動が多すぎて疲れます。
自分のサイトで疲れるって・・・。
どうしようもありません。
なんとか伸びない対策してみましょう。


さらに追記:

>なんとか伸びない対策してみましょう。
原因が分かりませんので、またサイドバーを右へ。
週末に調査かな?

FC2ブログでYahooのサイトマップ登録を行うには

サイトエクスプローラー(サイト管理者向けツール) - Yahoo!検索

簡単にユーザ登録できます。
検索順位の向上はあまり望めませんが、インデックスされていないページが
少なくなるので、検索数の向上は期待できます。

まずインデックス検索で自分のサイトがどのようにYahooさんにインデックスされているか
確認してみましょう。

自分のFC2ブログのURLを入れて、「インデックス検索」

するとインデックス検索結果画面が表示されます。

「ドメイン内」は、自分のブログがどのようにインデックスされているか
「被リンク元」は、どこから自分のブログにリンクが張られているか。バックリンクの一覧表示です。

※自分のブログじゃなくてもインデックス検索は出来るので、アクセス数の多いブログなど、参考にしてみるのもいいですね。


さて、インデックスの登録方法ですが、
https://siteexplorer.search.yahoo.co.jp/
に戻りまして、「管理サイトに追加」で自分のブログを登録します。

ブログのタイトルリンクから、詳細情報が表示されます。
インデックス状況と、サイト認証、フィード、動的URL設定、インデックス操作、、、などありますが、
関係するのは、「サイト認証」と「フィード」だけです。



まず、「サイト認証」から。
「メタタグ認証の場合」から、

HTML認証用ファイルのアップロードができない場合には、次の方法でサイト認証手続きを行ってください。
次のメタタグの記述をコピーし、あなたのサイトのトップページ内の最初にはりつけて、ファイルをアップロードしてください。

<META name="y_key" content="[あなたのサイト用IDXXXXXXXXXXXX]">

アップロードが終わったら、次の[認証開始]ボタンを押してください。認証は開始から通常24時間以内に完了します。

FC2ブログのテンプレートを1行編集するだけです。
あとは「認証開始」で待つだけ。


次は、「フィードの送信」。
RSSかサイトマップの送信ですが、期待されているのはサイトマップです。

http://[あなたのブログ]/sitemaps.xml
を入力して送信しましょう。

※打ち間違いなどあると追加されないので、必ず確認してください。
※先日、間違ってRSSで登録してみたら、インデックス数が1/10になってしまいました。気をつけましょう。サイトマップがお勧めです。

FC2のブログ以外を登録する場合は、送信するサイトマップを変更するだけで
大丈夫です。


あとは1日程度待てばインデックスされるので、確認してみましょう!

効果の程は、、、、まだ登録して5日ですから。1ヶ月程度放置してみます。

バックリンクが見れるのは楽しいです。
お世話になっているサイトさんにもう一度ご挨拶したいときにも利用できます。




Yahoo!検索 サイトエクスプローラー ヘルプ

ヘルプより一部記載。

■対応フォーマットについて
フィードURLは、以下のフォーマットに対応しています。

・sitemaps.orgで定義されたSitemapsに準拠した形式
・RSS 0.9、RSS 1.0またはRSS 2.0
・Atom 0.3、Atom 1.0
ふむふむ。

・スパム報告されたページが、必ず検索結果から削除されるとは限りません。
また、ご報告いただいたサイトやページのスパム判定結果について、Yahoo! JAPANが個別にお答えすることはありません。
あらかじめご了承ください。
そりゃそうですよね。

Google Analyticsで処理遅延

FC2のアクセス解析でも遅延は起きていますが。
最近は一部除外されているのではないかとも疑っています。
明らかにアクセス数がおかしい・・・。

すべてのアクセス管理するわけですから、ディスク容量がいくらあっても、処理速度がなければ。

System Message: Analytics Processing Delay from April 30th to May 5th

Google Analytics experienced a data processing error from April 30th to May 5th. Almost all of the data has been recovered and is currently being reprocessed. The recovered data will be reflected in your reports within a few days. Please note that a small percentage of data, particularly in the area of e-commerce reporting, was not recoverable from those dates.

We sincerely apologize for this processing issue and are taking every precaution to prevent such disruptions from occurring again in the future. For more information, please read through our common questions.

The Google Analytics Team


Googleさんもですか。
4/30~5/5まで、トラブってたようですね。


ちょうどGWですが。。。
なにかあったんですかね。

FC2でサイトマップを登録 Google,Yahoo,MSN編

MSNで登録するならここを参考に! metaタグでも認証できますので、xmlファイルのアップロードは不要です。なのでFC2のブログでも可能ですっ。
Live Search Webmaster Center(MSN) サイトマップ登録手順図解

GoogleとYahooはここで。同じようにmetaタグで認証できますので、テンプレートを変更するだけで大丈夫。
Yahoo!,Google,MSNにsitemap(サイトマップ)を登録する方法

Yahooで登録するならここを参考に。図式で簡単。Yahooさんは登録にちょっと時間がかかるけど、効果絶大。
Yahoo!に自分のサイトを効率的にクロールしてもらえる「Yahoo!検索 サイトエクスプローラー」の使い方 - GIGAZINE

海外版:
YAHOOへのサイトマップの登録方法


アカウントの登録さえ行えば、どこも手順は一緒です。

・URLの登録。あっという間。
・登録したURLの認証。管理者かどうか判定するためです。テンプレートのmetaタグに1行追加するだけです。
・あとは、あなたのサイト/sitemap.xml でサイトマップを申請。

これだけです。アカウント登録を含めても10分かかりません。
検索順位はどうであれ、1度はクロール対象となるので、
アクセスUPが望めます。

サイトマップのサンプル

一番はコンテンツを充実させることです。
サイトマップはあくまで補助的なものであることをお忘れなく。

このサイトの検索状況は左のサイドバーにあります。
コンテンツが充実していませんが、アクセス数は意外に多いです。

サイトマップの効果とPINGの効果です。
Ping送信一覧
を元にPing先も登録しておきましょう。

FC2ブログにmetaタグのdescriptionは必要ありません。

metaタグのdescriptionにはどういった効果があるのかというと、

「Googleで検索した場合の検索ページに表示される文字になる」
記事毎の要約を書くところ、つまりその記事がどんな内容なのか判断できる。


FC2ブログの場合、なぜ駄目かというと、
「descriptionがすべて同じ内容になっている。」
これでは記事別にGoogle側へインデックスされません。
しかもdescriptionが同じだと、記事がお互いに同じ内容と判断されてしまい、
検索順位が下位になってしまいます。

「ブログ作り始めた頃は上位にいたのにーーー今は下位;;」
最初の頃は記事も少なく、記事がお互いに足を引っ張り合う事もないですから。


重要なのは、記事毎にdescriptionを記載することです。

もっと簡単なのは、「metaタグのdescriptionをはずしてしまう」
テンプレートから消してみましょう。
どうなるかというと、本文を自動的に要約してインデックスしてくれます。
metaタグのdescriptionがあるとmetaタグが優先されてしまいます。

FC2ブログのテンプレートは、登録したときに入力した「ブログの説明」が
descriptionに設定されている事が多いです。

これではすべてのページで同じdescriptionになってしまい、
検索上位には行けません。同じ内容のページはインデックス対象外に
なってしまう可能性もあります。

そして記事を書く上で重要なのは
・分かりやすいタイトル
・先頭200文字で概要が分かる
・本文の最初の方に検索のキーワードを必ず入れる

descriptionが必要なのはTOPページだけです。
どんなサイトなのかが分かればそれだけで。


アクセス数が必ずUPしますよ。



どうすればいいのかというと、
<!--index_area--><meta name="description" content="<%introduction>" /><!--/index_area-->
このようにindex_area(トップページだけ有効)を利用して、descriptionを記載する。


個別の記事にdescriptionを入れたい場合は、
<!--permanent_area--><meta name="description" content="<!--topentry--><%topentry_discription><!--/topentry-->" /><!--/permanent_area-->


完成形は、
<!--index_area--><meta name="description" content="<%introduction>" /><!--/index_area--><!--permanent_area--><meta name="description" content="<!--topentry--><%topentry_discription><!--/topentry-->" /><!--/permanent_area-->

サーチエンジンを最大限に活用するためには?

Amazonさんが行っているサーチエンジン対策です。
SEO対策サイトより、学ぶことが多いです。
一般的なものがほとんどですが、忘れることのないようにしておきましょう。


サーチエンジンを最大限に活用するための最適化

Webサイトのトラフィックを増加させる最も効率のいい方法の一つに、サーチエンジン用にWebサイトを最適化する方法があります。サーチエンジンの多くは、「クローラー」または「スパイダー」と呼ばれる自動化されたプログラムを使用してWebのインデックス(目次)を作成します。このインデックスは、ユーザーの検索キーワードに最も関連性のあるWebサイトを決定するために使用されます。これらのプログラムは、基本的にWebサイトを訪問し、そのページのコンテンツを読み取り、他のページへのリンクを追跡して、行き着くWebサイトでこのインデックス作業を繰り返します。また、リンク先のWebサイトやその量などの情報を取得することにより、テキストのみで判断するよりもWebサイトを深く理解できるようになります。つまり、検索結果でよりよい位置を獲得するカギは、クローラーにWebサイトの情報を収集しやすくすることにあります。サーチエンジンは、Webサイトの関連性を判断する際に、ページ上のキーワードの場所と掲載頻度を重要視します。Webサイトを最適化するための具体的な方法については、以下をご覧ください。
  • 適切なドメイン名を取得しましょう。

    明確なキーワードを含むURLは、意味のないURLまたは長すぎるURLのWebサイトに比べ、パフォーマンスが優れています。検索結果でより高い位置に示されるだけでなく、独自のドメイン名を持つことにより、信頼性を上げることもできます。Webサイトのテーマに合った名前を選ぶことのほかにも、長すぎる名前や入力ミスを招きやすいドメイン名は避けるようにします。クローラーが理解するようなキーワードを使用し、数字や略語の使用は避けましょう。

  • キーワードの豊富なタイトルをつけましょう。

    ページのヘッダーにある[TITLE] 要素は、サーチエンジンからあなたのWebサイトにリンクするテキストとしてよく使用されます。(たとえばhttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/browse/-/746102/のタイトルは、「Amazon.co.jp:本/ ジャンル別/楽譜・スコア・音楽書」です)。「ホームページ」という言葉や、会社名、あまり情報として役立たない言葉のみをキーワードに使用すると、Webサイトにトラフィックを向けるチャンスを失うことになります。サーチエンジンは、ユーザーの検索条件に合致するWebサイトを判断する際に、[TITLE] 要素を重要な要素として扱います。わかりやすく、顧客が検索しやすいキーワードを豊富に盛り込んだタイトルを作成しましょう。

  • META要素を追加しましょう。

    ヘッダーのMETA要素に、Webサイトの説明やキーワード群を使います。'META name="description" content="[Webサイトの簡単な説明]"'は、サーチエンジンがWebサイトの内容を判断するためによく使用します。'META name="description" content="[関連キーワードのリスト]"'は、サーチエンジンによる使用頻度はそれほど高くありませんが、Webサイトの関連性を上げるのに役立ちます。説明の記述やキーワードの選択ではWebサイトで顧客が情報を探す方法について考え、トラフィックを集めるような特別な言葉を選びます。Wordtrackerなどの調査ツールを使用するといいでしょう。Webサイトの全ページで同じキーワードを使用するのではなく、各ページ固有のコンテンツに合わせたキーワードを選ぶようにします。

  • 豊富なコンテンツを提供しましょう。

    Webサイトで豊富なコンテンツを提供しましょう。クローラーが探しだせる数段落の文章と完全な形のキーワードを入れることが大切です。これにより、サーチエンジンがページを分類しやすくなります。META要素に入れたキーワードを使用し、テキスト内で繰り返して使用しても構いません。ただし、文章として筋が通り、分かりやすく、読みやすいものにすることを心がけてください。クローラーはイメージを読み取れないため、Webサイトでは文字をイメージではなくテキストとして表示する必要があります。使用するイメージには、ALTタグを使用します。これで、クローラーはイメージの情報を取得することができます。

  • リンクを利用しましょう。

    ほかのWebサイトからのリンクが多いWebサイトは、人気があると見なされ、検索結果のランキングも高くなる傾向があります。ただし、重要なのはリンクの数ではなくリンクの質です。あなたのWebサイトのコンテンツに関連したテーマで、高いランキングを示す他のWebサイトのオーナーに連絡し、あなたのWebサイトにリンクしてもらえないかどうかを相談してみましょう。また、あなたのWebサイト内のページが正しく相互リンクできているかを確認してください。通常クローラーは、Webサイトのトップページから処理を開始し、Webサイトの他のページにリンクをたどって移動します。つまり、すべてのページにわたって動作するリンクがないと、コンテンツの一部がインデックスされない場合があります。Webサイトの壊れたリンクを識別するには、Alexa Internetが提供するツールを使用できます。

  • Webサイトをサーチエンジンに登録しましょう。

    Webサイトの作成と最適化が終わったら、Yahoo!、Google、DMOZ.orgのディレクトリ登録機能、LookSmartなどの著名なサーチエンジンに手動またはWebサイト登録代行サービスに依頼してWebサイトを登録しましょう。登録に時間はかかりませんが、Webサイトによって登録方法が若干変わるため、各エンジンの登録手順に従って登録してください。正しく登録されない場合、Webサイトのインデックス化がうまくいかないことや、全くインデックス化されないということがあります。

  • サーチエンジン登録の落とし穴に注意しましょう。

    目的はサーチエンジンのランキングを上げることですが、同時にランキングを下げないための対策も大切です。例えば、サーチエンジンにはフレーム化したページのダイナミックコンテンツをインデックスしないものがあります。あなたのWebサイトがこの例に当てはまる場合は、簡単にインデックス化されるようWebサイトを変更するか、クローラーに分かりやすいようなページを作成するといいでしょう。また、隠しテキストや不適切なメタデータなど一般的なスパム手法に精通しているサーチエンジンが多く、このような手法を使用しているWebサイトが検出されると、削除される場合があるので気をつけてください。

  • 辛抱強く待つことも大切です。

    これまでの方法に加え、辛抱強く待つことも必要です。サーチエンジンのインデックスのトップに躍り出るための魔法は存在しません。Webサイトの最適化に多くの時間を費やしても結果が向上しない場合は、それ以上時間をかけることが無駄になることもあります。トラフィックの向上を図るために、他の方法を採用することもできるのです。




アクセス数UP、SEO対策のための google ウェブマスター ツール

1. コンテンツ分析では、こんなのを発見してくれます。

タイトルに関する問題: ページ タイトルがない、重複しているなど、ページの title タグに関する潜在的な問題です。

description メタ タグに関する問題: 重複しているなど、descriptions メタ タグに関する潜在的な問題です。

インデックス登録できないコンテンツ: Flash ファイル、動画、画像など、インデックスに登録できないコンテンツを含むページです。


各ページ一律同じdescriptionにしていたらエラーでまくり(´・ω・`)

SEO対策としてもdescriptionはしっかり動的に要約してあげないと駄目です。長いメタデータや短いメタデータもだめ。




同じだったときのエラーメッセージ。

Google 検索結果ページでのサイトの掲載順位に悪影響を与える可能性のある問題をいくつか検出しました。
これらの問題が原因で、サイトのクロールやインデックス登録が行われなくなるわけではありませんが、問題を解決することで、
検索結果でのサイトの掲載順位が向上したり、サイトへのリンクをクリックするユーザーが増加する可能性が高まります。






2. Googlebot のクロール情報 を見てみましょう。

これらの統計情報は、Googlebot がサイトをどのようにクロールしているかを示しています。 リストされているキーワードやフレーズは、サイトへのリンクのアンカー テキストです。 この情報により、他のサイトが自分のサイトをどのように理解しているかを把握できます。 Googleではアンカー テキストをサイトに関する追加情報として使用するため、アンカー テキストが説明的または有益でない場合 (「ここをクリック」というリンクのテキストは有益なデータとはなりません)、サイト運営者と連携して変更することもお勧めします。







・わかりやすい階層とテキスト リンクを持つサイト構造にする。 各ページには、少なくとも 1 つの静的なテキスト リンクからアクセスできるようにします。

・サイトの主要なページへのリンクを記載したサイトマップを用意する。 サイトマップ内にリンクが 100 以上ある場合は、サイトマップを複数のページに分けます。

・情報量が豊富で便利なサイトを作成し、コンテンツをわかりやすく正確に記述する。

・ユーザーがサイトを探すときに入力する可能性の高いキーワードをサイトに含める。

・重要な名前、コンテンツ、またはリンクを表示するときは、画像の代わりにテキストを使用する。 Google のクローラでは、画像に含まれたテキストは認識されません。

・TITLE タグと ALT 属性の説明をわかりやすく正確なものにする。

・無効なリンクがないかどうか確認し、HTML を修正する。

・動的なページ (URL に "?" が含まれているページなど) を使用する場合、検索エンジンのスパイダーによっては、静的なページと同じようにはクロールされない場合があることを考慮する。 パラメータを短くしたり、数を少なくすると、クローラで見つけやすくなります。

・ページのリンクの数を適切な数に抑える (100 未満)。

・検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を考慮してページを作成する。 ユーザーを騙すようなコンテンツや、「クローキング」を行って検索エンジン用とは異なるコンテンツを表示しないでください。

・検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為を行わない。 ユーザーや、ランクを競っているサイトに対して自分が行った対策を明確に説明できるかを判断の目安としてください。 その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、 検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。

・サイトの順位や PageRank を上げるように設計されたリンク プログラムに参加しない。 特にウェブ スパマーや不正なウェブサイトへのリンクは行わないでください。これらのリンクにより、サイトのランクが下がることがあります。

・プログラムの送信や掲載順位の確認に不正なコンピュータ プログラムを使用しない。このようなプログラムはリソースを消費し、Google の利用規約に違反します。 Google は、自動化またはプログラム化されたクエリを Google に送信する WebPosition Gold? のような製品の使用は推奨していません。








3. サイトマップ

ほとんどのサイトでは、すべてのページがインデックスに登録されるわけではありません。
Google がサイトをクロールしてインデックスに登録する方法を改善する。

ブログ側で自動生成できますので、そのURLを指定しておきましょう。
リンク一覧と更新日付が一覧化されるので、クロールしやすくなるはずです。





4. 上位の検索クエリ

上位の検索クエリには、サイトが表示された上位 20 個の検索クエリが表示されます。クリックにつながった上位のクエリには、サイトのリンクを実際にクリックしたユーザーの検索クエリが表示されます。



通常、上位の検索クエリには、サイトの掲載順位が高いキーワードが表示され、クリックにつながった上位のクエリには、サイトの価値が高いと判断したユーザーが使用した検索クエリが表示されます。 上位の検索クエリに予想したキーワードが表示されていない場合、コンテンツを見直し、関連性を高める必要があります。 また、robots.txt を確認して、インデックスに登録するページを Googlebot のクロールから誤ってブロックしていないか確認することもお勧めします。 関連性の高い検索クエリが上位の検索クエリに表示されているが、クリックにつながった上位のクエリには表示されていない場合、サイトが検索結果に表示されたときにユーザーがクリックするよう、サイトを改善する必要があります。 検索結果にはページのタイトルが表示されるため、タイトルは関連性が高く、正確なものにします。 Google はページのメタタグの説明にあるテキストを取得して検索結果に表示するため、メタタグにページのコンテンツの有益な説明が含めるよう見直します。

SEO対策する場合には見逃せない項目です。

リンクがないサイトからアクセスされている?

アクセス解析を見ていると、謎のサイトがリンク元となっている
場合があります。自分のサイトへのページリンクもないのに。
大抵リファラ偽装ツールから送られてくるものです。
Googleで、「リファラ 偽装」で検索すればすぐ見つかります。
どういったものかといいますと、リファラを固定で送信できるツールです。
http://example.co.jp を固定にしていれば、
「example.co.jpからのアクセスがあったけど、どんなページなんだろう?」
と興味を持った管理者がアクセスしてしまいます。

このツールで様々なサイトに10万サイト分アクセスを行い、
5%の管理者が逆アクセスしてしまったと単純計算すると、
100000(アクセス) * 0.05 = 5000(アクセス)
となります。
広告を載せるより効率的になるということで、このような謎アクセスが発生しています。

このようなサイトはアクセス解析対象外となるように、通報しておくのがいいですね。


Appendix

ジャケット画像を探す!

最近の記事

Amazon検索

プロフィール

Author:jacketer
中の人は完全な佳奈様病です

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。