Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://jacketj.blog45.fc2.com/tb.php/369-4769e0a3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

アクセス数UP、SEO対策のための google ウェブマスター ツール

1. コンテンツ分析では、こんなのを発見してくれます。

タイトルに関する問題: ページ タイトルがない、重複しているなど、ページの title タグに関する潜在的な問題です。

description メタ タグに関する問題: 重複しているなど、descriptions メタ タグに関する潜在的な問題です。

インデックス登録できないコンテンツ: Flash ファイル、動画、画像など、インデックスに登録できないコンテンツを含むページです。


各ページ一律同じdescriptionにしていたらエラーでまくり(´・ω・`)

SEO対策としてもdescriptionはしっかり動的に要約してあげないと駄目です。長いメタデータや短いメタデータもだめ。




同じだったときのエラーメッセージ。

Google 検索結果ページでのサイトの掲載順位に悪影響を与える可能性のある問題をいくつか検出しました。
これらの問題が原因で、サイトのクロールやインデックス登録が行われなくなるわけではありませんが、問題を解決することで、
検索結果でのサイトの掲載順位が向上したり、サイトへのリンクをクリックするユーザーが増加する可能性が高まります。






2. Googlebot のクロール情報 を見てみましょう。

これらの統計情報は、Googlebot がサイトをどのようにクロールしているかを示しています。 リストされているキーワードやフレーズは、サイトへのリンクのアンカー テキストです。 この情報により、他のサイトが自分のサイトをどのように理解しているかを把握できます。 Googleではアンカー テキストをサイトに関する追加情報として使用するため、アンカー テキストが説明的または有益でない場合 (「ここをクリック」というリンクのテキストは有益なデータとはなりません)、サイト運営者と連携して変更することもお勧めします。







・わかりやすい階層とテキスト リンクを持つサイト構造にする。 各ページには、少なくとも 1 つの静的なテキスト リンクからアクセスできるようにします。

・サイトの主要なページへのリンクを記載したサイトマップを用意する。 サイトマップ内にリンクが 100 以上ある場合は、サイトマップを複数のページに分けます。

・情報量が豊富で便利なサイトを作成し、コンテンツをわかりやすく正確に記述する。

・ユーザーがサイトを探すときに入力する可能性の高いキーワードをサイトに含める。

・重要な名前、コンテンツ、またはリンクを表示するときは、画像の代わりにテキストを使用する。 Google のクローラでは、画像に含まれたテキストは認識されません。

・TITLE タグと ALT 属性の説明をわかりやすく正確なものにする。

・無効なリンクがないかどうか確認し、HTML を修正する。

・動的なページ (URL に "?" が含まれているページなど) を使用する場合、検索エンジンのスパイダーによっては、静的なページと同じようにはクロールされない場合があることを考慮する。 パラメータを短くしたり、数を少なくすると、クローラで見つけやすくなります。

・ページのリンクの数を適切な数に抑える (100 未満)。

・検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を考慮してページを作成する。 ユーザーを騙すようなコンテンツや、「クローキング」を行って検索エンジン用とは異なるコンテンツを表示しないでください。

・検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為を行わない。 ユーザーや、ランクを競っているサイトに対して自分が行った対策を明確に説明できるかを判断の目安としてください。 その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、 検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。

・サイトの順位や PageRank を上げるように設計されたリンク プログラムに参加しない。 特にウェブ スパマーや不正なウェブサイトへのリンクは行わないでください。これらのリンクにより、サイトのランクが下がることがあります。

・プログラムの送信や掲載順位の確認に不正なコンピュータ プログラムを使用しない。このようなプログラムはリソースを消費し、Google の利用規約に違反します。 Google は、自動化またはプログラム化されたクエリを Google に送信する WebPosition Gold? のような製品の使用は推奨していません。








3. サイトマップ

ほとんどのサイトでは、すべてのページがインデックスに登録されるわけではありません。
Google がサイトをクロールしてインデックスに登録する方法を改善する。

ブログ側で自動生成できますので、そのURLを指定しておきましょう。
リンク一覧と更新日付が一覧化されるので、クロールしやすくなるはずです。





4. 上位の検索クエリ

上位の検索クエリには、サイトが表示された上位 20 個の検索クエリが表示されます。クリックにつながった上位のクエリには、サイトのリンクを実際にクリックしたユーザーの検索クエリが表示されます。



通常、上位の検索クエリには、サイトの掲載順位が高いキーワードが表示され、クリックにつながった上位のクエリには、サイトの価値が高いと判断したユーザーが使用した検索クエリが表示されます。 上位の検索クエリに予想したキーワードが表示されていない場合、コンテンツを見直し、関連性を高める必要があります。 また、robots.txt を確認して、インデックスに登録するページを Googlebot のクロールから誤ってブロックしていないか確認することもお勧めします。 関連性の高い検索クエリが上位の検索クエリに表示されているが、クリックにつながった上位のクエリには表示されていない場合、サイトが検索結果に表示されたときにユーザーがクリックするよう、サイトを改善する必要があります。 検索結果にはページのタイトルが表示されるため、タイトルは関連性が高く、正確なものにします。 Google はページのメタタグの説明にあるテキストを取得して検索結果に表示するため、メタタグにページのコンテンツの有益な説明が含めるよう見直します。

SEO対策する場合には見逃せない項目です。

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://jacketj.blog45.fc2.com/tb.php/369-4769e0a3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

ジャケット画像を探す!

最近の記事

Amazon検索

プロフィール

Author:jacketer
中の人は完全な佳奈様病です

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。