Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://jacketj.blog45.fc2.com/tb.php/792-30394080
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

FC2ブログでYahooのサイトマップ登録を行うには

サイトエクスプローラー(サイト管理者向けツール) - Yahoo!検索

簡単にユーザ登録できます。
検索順位の向上はあまり望めませんが、インデックスされていないページが
少なくなるので、検索数の向上は期待できます。

まずインデックス検索で自分のサイトがどのようにYahooさんにインデックスされているか
確認してみましょう。

自分のFC2ブログのURLを入れて、「インデックス検索」

するとインデックス検索結果画面が表示されます。

「ドメイン内」は、自分のブログがどのようにインデックスされているか
「被リンク元」は、どこから自分のブログにリンクが張られているか。バックリンクの一覧表示です。

※自分のブログじゃなくてもインデックス検索は出来るので、アクセス数の多いブログなど、参考にしてみるのもいいですね。


さて、インデックスの登録方法ですが、
https://siteexplorer.search.yahoo.co.jp/
に戻りまして、「管理サイトに追加」で自分のブログを登録します。

ブログのタイトルリンクから、詳細情報が表示されます。
インデックス状況と、サイト認証、フィード、動的URL設定、インデックス操作、、、などありますが、
関係するのは、「サイト認証」と「フィード」だけです。



まず、「サイト認証」から。
「メタタグ認証の場合」から、

HTML認証用ファイルのアップロードができない場合には、次の方法でサイト認証手続きを行ってください。
次のメタタグの記述をコピーし、あなたのサイトのトップページ内の最初にはりつけて、ファイルをアップロードしてください。

<META name="y_key" content="[あなたのサイト用IDXXXXXXXXXXXX]">

アップロードが終わったら、次の[認証開始]ボタンを押してください。認証は開始から通常24時間以内に完了します。

FC2ブログのテンプレートを1行編集するだけです。
あとは「認証開始」で待つだけ。


次は、「フィードの送信」。
RSSかサイトマップの送信ですが、期待されているのはサイトマップです。

http://[あなたのブログ]/sitemaps.xml
を入力して送信しましょう。

※打ち間違いなどあると追加されないので、必ず確認してください。
※先日、間違ってRSSで登録してみたら、インデックス数が1/10になってしまいました。気をつけましょう。サイトマップがお勧めです。

FC2のブログ以外を登録する場合は、送信するサイトマップを変更するだけで
大丈夫です。


あとは1日程度待てばインデックスされるので、確認してみましょう!

効果の程は、、、、まだ登録して5日ですから。1ヶ月程度放置してみます。

バックリンクが見れるのは楽しいです。
お世話になっているサイトさんにもう一度ご挨拶したいときにも利用できます。




Yahoo!検索 サイトエクスプローラー ヘルプ

ヘルプより一部記載。

■対応フォーマットについて
フィードURLは、以下のフォーマットに対応しています。

・sitemaps.orgで定義されたSitemapsに準拠した形式
・RSS 0.9、RSS 1.0またはRSS 2.0
・Atom 0.3、Atom 1.0
ふむふむ。

・スパム報告されたページが、必ず検索結果から削除されるとは限りません。
また、ご報告いただいたサイトやページのスパム判定結果について、Yahoo! JAPANが個別にお答えすることはありません。
あらかじめご了承ください。
そりゃそうですよね。

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://jacketj.blog45.fc2.com/tb.php/792-30394080
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

ジャケット画像を探す!

最近の記事

Amazon検索

プロフィール

Author:jacketer
中の人は完全な佳奈様病です

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。